エコ消エタP よくある質問

エコ消エタP

質問 回答
消防法の適用となるアルコール類の濃度および量はどのくらいですか?

アルコール類は消防法でいう第4類の危険物であり、60%(重量%)以上の製品が消防法の適用となります。また、指定数量は400Lと定められており、この量を超えれば消防法の対象となります。さらに市町村火災予防条例の対象となる数量はこの1/5以上(80L以上)です。

※本「よくある質問」が掲載されている製品は消防法のアルコール類に該当する製品です。

エコ消エタPとエコ消エタ消毒液の違いはなんですか? 医薬品としての区分が異なり、エコ消エタPは一般用医薬品、エコ消エタ消毒液は医療用医薬品に該当します。両製剤の組成は同じとなります。