ヨシダ製薬 製品情報製剤一覧ヘキザックAL1%綿棒16

ヘキザックAL1%綿棒16 よくある質問

ヘキザックAL1%綿棒16

質問 回答
ヘキザックAL1%綿棒12・16のエタノール濃度はどれぐらいですか?

本剤100mL中に日局エタノールを83mL含有しています。したがってエタノール濃度は約79vol%になります。
*日局エタノールのエタノール濃度:約95%

血液培養時の皮膚消毒にも使用できますか?

血液培養時の皮膚消毒に使用される消毒薬としてはポビドンヨード製剤、ヨードチンキ、クロルヘキシジン製剤やアルコール製剤などが使用されています。したがって、クロルヘキシジンアルコール製剤であるヘキザックAL1%製品は使用可能です。
一般的にはポビドンヨードが多く使用されていますが、2011年に発表されたメタアナリシス*によるとクロルヘキシジンアルコールはポビドンヨードに比べて血液培養時の細菌汚染(コンタミネーション)が有意に減少することが報告されています(ポビドンヨードの細菌汚染リスクを1とした場合、クロルヘキシジンアルコールのリスクは0.33)。
このようなことからも血液培養時の皮膚消毒においてヘキザックAL1%製品はポビドンヨードに比べて細菌汚染の頻度を減少させることが期待されます。

* Caldeira D, David C, Sampaio C.
Skin antiseptics in venous puncture-site disinfection for prevention of blood culture contamination: systematic review with meta-analysis.
J Hosp Infect 2011;77:223-32.

ご参考:
ヘキザックAL1%製品(パンフレット)

クロルヘキシジングルコン酸塩は綿に吸着することが知られていますが、ヘキザックAL1%綿棒12・16における綿棒へのクロルヘキシジンの吸着は? クロルヘキシジンを吸着しにくい綿棒を使用しておりますので、クロルヘキシジンの濃度低下はみられません。