ヨシダ製薬 製品情報製剤一覧0.5%ヘキザックアルコール液N

0.5%ヘキザックアルコール液N よくある質問

0.5%ヘキザックアルコール液Nのトピックス

  • 2016.06.13平成28年5月31日付の厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知に基づき、弊社クロルヘキシジン製剤の使用上の注意を改訂いたしました。
    詳細はお知らせをご参照ください。
質問 回答
0.5%ヘキザックアルコール液とヘキザックアルコール液Nの違いは何ですか? 0.5%ヘキザックアルコール液は、メチルロザニリン塩化物を添加してある青紫色の製剤です。 0.5%ヘキザックアルコール液Nの「N」はNaturalの「N」を示しており、界面活性剤(ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル)が添加された無色澄明の製剤です。 両製剤の適用は同じで、主に着色の有無により選択いただいている製剤です。
消防法の適用となるアルコール類の濃度および量はどのくらいですか?

アルコール類は消防法でいう第4類の危険物であり、60%(重量%)以上の製品が消防法の適用となります。また、指定数量は400Lと定められており、この量を超えれば消防法の対象となります。さらに市町村火災予防条例の対象となる数量はこの1/5以上(80L以上)です。

※本「よくある質問」が掲載されている製品は消防法のアルコール類に該当する製品です。

クロルヘキシジン濃度が0.5%のアルコール製剤(0.5%クロルヘキシジンアルコール)はCDCガイドライン(CDC: Guidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infections, 2011「血管カテーテル関連感染予防のためのガイドライン,2011」)で推奨されている「>0.5%クロルヘキシジンアルコール」に含まれますか?

「>0.5%クロルヘキシジンアルコール」とはクロルヘキシジン濃度が0.5%を超えるアルコール製剤を意味していますので0.5%クロルヘキシジンアルコールは含まれません。クロルヘキシジンはポビドンヨードに比べてカテーテル関連血流感染(CRBSI)を低減させることが知られていますが0.5%クロルヘキシジンアルコールでは10%ポビドンヨードと比較して中心静脈カテーテルへの菌定着またはCRBSIに差が見られなかった報告などを背景として、2011年のCDCガイドラインでは中心静脈カテーテルや末梢動脈カテーテル挿入前およびドレッシング交換時の皮膚消毒にクロルヘキシジン濃度が0.5%を超えるアルコール製剤を推奨しています。

ご参考:
Y’s Letter Vol.3 No.19「血管カテーテル関連感染予防のためのCDCガイドライン, 2011」
Y’s Letter Vol.3 No.23 「血管カテーテル関連感染予防のためのCDC ガイドライン, 2011 〜カテーテル挿入部位の皮膚消毒にクロルヘキシジン濃度が0.5%を超えるアルコール製剤を推奨する理由〜」

カテーテル刺入時および挿入部位の皮膚消毒にはポビドンヨードが一般的に使用されていますが、クロルヘキシジンとポビドンヨードを比較した資料がありますか?またクロルヘキシジンを使用するメリットはなんでしょうか?

2002年に発表されたメタアナリシス*によると、クロルヘキシジンはポビドンヨードと比較してカテーテル関連血流感染のリスクを51%減少させると報告されています。また感染率が低下することによって医療経済効果も期待できることも報告されています。

*メタアナリシス:過去に行なわれた複数の研究結果を統合し、より信頼性の高い結果を求めること、またはそのための手法や統計解析のこと。

ご参考:
Y’s Letter Vol.3 No.6 「中心静脈ライン関連血流感染対策におけるカテーテル挿入部位の皮膚消毒について」

0.5%ヘキザックアルコール液Nのエタノール含量は何%ですか? 薬剤100mL中に日局エタノールを81mL含有しています。したがってエタノール濃度は約77vol%になります。
*日局エタノールのエタノール濃度:約95%