外用殺菌消毒剤 ヘキザック®AL1%綿棒12・16

1w/v%クロルヘキシジンエタノール含浸綿棒

禁忌(次の患者及び部位には使用しないこと)

  1. クロルヘキシジン製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 脳、脊髄、耳(内耳、中耳、外耳)
    〔聴神経及び中枢神経に対して直接使用した場合は、難聴、神経障害を来すことがある。〕
  3. 腟、膀胱、口腔等の粘膜面
    〔クロルヘキシジン製剤の上記部位への使用により、ショック症状(初期症状:悪心・不快感・冷汗・眩暈・胸内苦悶・呼吸困難・発赤等)の発現が報告されている。〕
  4. 損傷皮膚及び粘膜
    〔エタノールを含有するので、損傷皮膚及び粘膜への使用により、刺激作用を有する。〕

特徴

血管アクセスデバイス穿刺部位などの皮膚消毒に

  • 殺菌作用は迅速かつ持続性があります。
  • 日本薬局方無菌試験法に適合しています。
  • 皮膚を着色せずに消毒することが可能です。
  • 速乾性です。
薬液含浸綿棒と皮膚塗布後の色調

綿棒の取扱方法※開封後はすみやかに使用してください

  • 注意

    綿棒をアルミの上から押さえていると切れません

  • 1

    切り口の矢印に沿ってアルミを切る

  • 2

    残ったアルミを切り口の矢印に沿って切る

  • 3

    綿棒をつまんで取り出す

  • 4

    皮膚に塗布する

有効性

各種細菌・真菌に対する殺菌効果1)

「ヘキザック®AL1%綿棒12」について各種細菌および真菌に対する殺菌力試験を行った。
その結果、供試したグラム陽性・陰性菌、真菌(酵母)において30秒以内に殺菌された。

供試菌株 殺菌時間
グラム陽性菌 Staphylococcus aureusATCC 6538 30秒以内
Staphylococcus aureus(MRSA)CI 30秒以内
Staphylococcus epidermidisJCM 2414 30秒以内
Enterococcus faecalisJCM 5803 30秒以内
グラム陰性菌 Pseudomonas aeruginosaATCC 15442 30秒以内
Pseudomonas aeruginosaCI 30秒以内
Escherichia coliATCC 10536 30秒以内
Serratia marcescensJCM 1239 30秒以内
真菌(酵母) Candida albicansATCC 10231 30秒以内

CI:臨床分離株

参考
クロルヘキシジンの綿への吸着2)

脱脂綿綿棒及びヘキザック®AL1%綿棒12用綿棒に1%クロルヘキシジンエタノール液をそれぞれ2mL含浸させ、室温下で24時間放置後薬液を搾りとり、液体クロマトグラフィーにより含量測定を行ったところ、脱脂綿綿棒ではクロルヘキシジン濃度が0.91w/v%であったのに対し、ヘキザック®AL1%綿棒12用綿棒は1.00w/v%の濃度が保持されていた。

【参考】クロルヘキシジンの綿への吸着

各消毒薬の皮膚塗布後の乾燥時間3)

1%クロルヘキシジンエタノール液、10%ポビドンヨード水溶液、また0.1%クロルヘキシジン水溶液を12mmサイズの綿棒に十分に含浸させ、被験者の前腕屈側部(約5×8cm)にそれぞれ2回塗布し、塗布中央部が完全に乾燥するまでの時間を測定した。各消毒薬の平均乾燥時間は、1%クロルヘキシジンエタノール液では41秒であったが、0.1%クロルヘキシジン水溶液では2分22秒、10%ポビドンヨード水溶液では5分を要した。この結果から、1%クロルヘキシジンエタノール液は速乾性であることが確認された。

【参考】各消毒薬の皮膚塗布後の乾燥時間
  • 1)社内資料:ヘキザック®AL1%綿棒12の殺菌効果および抗菌効果
  • 2)社内資料:ヘキザック®AL1%綿棒12の綿棒への吸着に関する資料
  • 3)社内資料:1%クロルヘキシジンアルコール液の皮膚塗布後の乾燥時間

製品規格

  • ヘキザックAL1%綿棒12
  • ヘキザックAL1%綿棒16