グリセリンBC液「ヨシダ」

0.025%ベンザルコニウム塩化物添加グリセリン[滅菌済]

特徴

  • グリセリンにベンザルコニウム塩化物を0.025%添加した製剤です。
  • 滅菌済の製品です。
  • そのまま投薬が可能です。
  • 製剤業務の省力化が可能です。
  • 付属の注入用ノズルも滅菌済です。

皮膚刺激性

皮膚刺激性試験(ウサギ)における一次刺激性インデックス(PII)

ウサギの背部皮膚にグリセリンBC液「ヨシダ」とグリセリン各0.5mLをそれぞれ2cm×3cmのガーゼにしみ込ませて4時間貼布・除去し、一定時間(1、24、48時間)経過後の表皮の状態を観察した。Federal Register(1972)の判定基準に従って評点化し、PII値(一次刺激性インデックス)を求めた後、ISO10993−10(2002)の基準に基づいて評価した。1匹あたり3区画、3匹使用した。
その結果、グリセリンBC液「ヨシダ」とグリセリンのPII値は0.2であり、ISO10993−10(2002)の基準によれば無刺激性と評価された。

一次刺激性インデックス(PII)
一次刺激性インデックス(PII)
ISO 10993−10(2002)基準より

ノズルの特徴

付属の注入用ノズル[滅菌済]を使用することにより、薬液の注入が容易になります。

注入用ノズル [減菌済]注入用ノズル [減菌済]

注入用ノズルの装着方法/液の注入方法

  1. 1.器のキャップをはずし、付属のノズルを確実に取付けてください。容器のキャップをはずし、付属のノズルを確実に取付けてください。
  2. 2.注入用ノズルのキャップを外してください。注入用ノズルのキャップを外してください。
  3. 3.液を注ぐ際は、ノズルの空気穴を上にしてください。(△マークが目印です)。液を注ぐ際は、ノズルの空気穴を上にしてください。(△マークが目印です)。
  4. 4.容器は押さないで、液を適量注いでください。容器は押さないで、液を適量注いでください。
  • 注入用ノズル装着後注入用ノズル装着後
  • 液の注入例液の注入例